ブログ記事を隙間時間で完成させる方法【1日1記事毎日更新も余裕になります】

ブログ 隙間時間 ブログ運営

ブログを効率よく更新していきたいんだけど

時間がない。

隙間時間とかうまく使っていきたいなー。

副業でブログ執筆をしているとたいていの場合時間がありませんよね。

しかし、副業を成功させるにはある程度時間を確保してしっかりブログ記事を執筆していく必要があります。

そこで大切なのが隙間時間の使い方。

僕自身副業でブログを執筆しつつ、毎日1記事はかならず更新しています。

副業なのに毎日1記事かけるのはすきま時間を有効活用しているからです。

この記事では副業でブログを執筆している人のすきま時間の使い方についてまとめています。

すきま時間をうまく使えば毎日更新も難しくなくなるので、継続的に更新するのが難しいと感じている人は参考にしてみてください。

 

ブログをすきま時間で執筆する方法

ブログをすきま時間で執筆すると言ってもやはり慣れるとパソコンでタイピングしたほうが早いです。

なので「スマホだけで副業できるんや!」とは思わずにスマホで作業する部分とパソコンを使う作業で両立していきましょう。

その方が効率よくブログ記事を執筆できますからね。

パソコンの方が執筆は早いですが、いつでも使えるわけではありません。

そこでスマホの出番。

スマホはすきま時間に使うと便利なので、使えるところで使っていきましょう。

 

ネタ探し

まずはスマホを使ってブログのネタ探しをしましょう。

ニュースやSNSのチェックなどいつでもどこでもできることはスマホを使ってすきま時間に行うことでまとまった時間を別の作業に使うことができます。

少しでも「お?このネタ使えるかも」と思ったら即メモしておくのがネタ探しのコツです。

あとで探しなおそうと思ってもほとんどの場合見つけられなくなりますから。

 

 

メモ帳で書く

すきま時間にブログを書く場合は「メモ帳」を使いましょう。

ブログ記事はスマホの場合、WordPressで直接執筆するのは結構面倒くさいです。

とくにすきま時間だとやりにくいんですよね。iphoneの場合は初期から「メモ」が入ってるのでそこでブログ記事を書くといいですね。

パソコンをAppleのMacで揃えれば、icloudで同期してMacのメモにも更新されるのでおすすめ。

メモ帳なら1分でもすきま時間があれば執筆できるようになります。

 

Appleじゃない人はGoogleドキュメントで書く

AppleのiphoneとMacでメモ帳を同期できるって話をしましたが、AndroidやWindowsを使用してる人も多いでしょう。

そういった場合はGoogleドキュメントを活用してください。

Googleドキュメントはグーグルのアカウントを一つ作成しておけば、スマホ・パソコン共に同じIDでログインできます。

当然ドキュメントは同期されているのでスマホで書いたものは家に帰ってからパソコンで編集可能なんですよね。

他にもスマホとパソコンで同期できるものであればなんでもOKだったりしますが、上記の2パターンがおすすめです。

 

音声入力を活用する

スマホの音声入力も有効活用することで、すきま時間にブログ執筆をさらに進められるようになります。

というのも多くの人は徒歩で移動してる時間もありますよね。

会社や学校に向かう時間など、何も考えずに移動できる時間は音声入力を使ってブログ執筆を進めれば、かなりの時間を確保できるはず。

だいぶゆっくりと考えつつ音声入力しても5分で100文字は進むと思います。

ということは10分歩いていたら200文字は書けますし、往復で20分なら400文字かける計算になります。

400文字って言うと見出し1個分とかなので、あまり多くないと感じるかもしれませんが毎日400文字ずつ音声入力で多くかけるようになれば、1ヶ月で12000文字も書けるんですよ。

この差は時間が経てば経つほどに大きくなりますよね。

音声入力を使えば徒歩での移動中もブログ記事を進められるので、ガンガン使っていきましょう。

音声入力では誤字脱字がありますが、ある程度意味が通る文章を書いておけばあとで修正するだけなのでかなり楽になりますよ。

 

キーワード選定を済ませておく

キーワード選定はあらかじめパソコンを使えるときに済ませておきましょう。

というのもキーワード選定のように、2つ以上のツールやサイトを見る場合はパソコンの方が圧倒的に効率がいいです。

なのでキーワード選定をパソコンで先に済ませておけば、リサーチ部分はスマホでも行えるんですね。

キーワード選定は時間がかかることもあるので、すきま時間には向かずパソコンでの作業がオススメです。

 

リサーチも済ませておく

できればリサーチもパソコンで済ませておきましょう。

リサーチはスマホでもできるのですきま時間でも進められます。

しかし、リサーチはまとまった時間で終わらせた方がブログ記事の内容にブレが出にくくなるので、じっくりやったほうがいいんですね。

と言っても忙しくてパソコンでリサーチするまとまった時間を作りにくい人もいるはず。

そういう場合はスマホでリサーチして、内容と参考にしたサイトのURLをメモしておくだけでもかなり記事を書くのは楽になりますよ。

競合サイトのチェック程度なら隙間時間を使ってちょこちょこ進めていくだけでも終わらせることができます。

例えば僕の場合で言いますと、筋トレのインターバル中にリサーチを進めるだけで半分以上終わらせられる時もありますからね。

隙間時間の使い方マジ大事。

 

 

見出しをつけておく

リサーチを終わらせたら次は見出しを作りましょう。

見出しを先に作っておけばすきま時間で文章を書いていても1記事内でのブレを減らすことができます。

見出しを作らず上から流れで書いていると、すきま時間は思考も細切れになるので文章がうまくまとまらなくなってしまうんですね。

見出しを作るのはスマホでも問題なく進められるので、リサーチ後の見出しはすきま時間で書いてしまいましょう。

 

SNSを使う

ブログ執筆にはSNSを活用するのもおすすめです。

SNSってアイデアとかネタの宝庫なんですね。

うわー、次何書けばいいか全然思いつかへんわ。

どうしよかな。

何も思いつかないときはSNSで他の人のつぶやきをヒントにしてみると案外新しいキーワードを見つけられて、記事が書けることもあります。

またSNSで自分なりの考えをまとめておくことで、実際に記事を執筆するときにそのまま使えることもあります。

SNSをアイデアメモがわりに使ってもいいでしょう。

ブログを書く場合はTwitterがおすすめです。

良いツイートなら本業が終わってからTwitterを見たら「いいね」とか「リツイート」などなにかしら反応があるかもしれません。

コメントが来てて自分では思いつかなかったような話もブログに盛り込めるようになることも。

SNSはすきま時間でもどんどん活用できるので、すきま時間はSNSと決めておいてもいいですね。

 

外注する

ブログ記事は外注するという選択肢もあります。

あまりにも記事執筆の時間を安定して確保できない場合は執筆を外注することで、あなたが1記事あたりに使う時間と労力を減らすことができるんですね。

外注するなら今度は外注さんとやりとりする必要があります。

すきま時間に外注さんに送るメッセージを作ったり、外注さんからのメッセージをチェックしたりとできることは色々あるので、1分でも時間があれば作業を進めておくといいでしょう。

 

隙間時間を意識する

隙間時間でブログを執筆すれば毎日更新もできると言ってますが、そもそもどの時間が隙間時間なのかわかっていなければブログ執筆に使うことはできませんよね。

なので僕が活用している隙間時間を書いて見たので参考にしてみてください。

  • 電車の待ち時間
  • 電車に乗ってる時間
  • 徒歩での移動時間
  • 仕事の昼休憩
  • ちょっとしたトイレタイム
  • クライアントや友人との待ち合わせ
  • 子どもの昼寝タイム
  • お風呂で湯船に浸かってるとき

など。

隙間時間を知ったらどうすればブログに使えるのかを考えていきましょう。

最初は電車に乗ってる時間など、比較的まとまった隙間時間をブログにあてて、慣れてきたら1分とかの隙間時間も活用していくといいですよ。

 

まとめ:ブログはすきま時間でも書ける。少しずつでも作業を進めて更新速度を上げていこう

ブログは隙間時間でもかなりの文章量を書くことができます。

隙間時間を意識しているかしていないかによってブログ執筆量は全然変わってくるので、とくに副業の人は隙間時間を有効活用していきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました